上手にトイレをしつけるコツとは?

人間は感情の動物です。猫だって人間に負けないくらい感情の動物なのです。猫が上手にトイレを使ってくれるかどうかは、猫と飼い主が良い関係を築いていくためにも大事な要素になります。

仕事から疲れて帰ってきたら、ベッドの上にウンチがしてあった。「勘弁してくれよぉ」とさらにどっと疲れることでしょう。

それでも猫がニャーと寄ってきたら、笑って頭を撫でてしまう。飼い主の性(さが)というものですね。猫のトイレのしつけはしっかりしておきたいものです。

スポンサーリンク

猫にトイレをしつける方法

283

私の経験から言って、猫にトイレをしつける方法はそれほど難しくありません。

猫がクンクン床のにおいをかいだり、床を引っかく動作をしたり、そわそわするなどのトイレサインを発したら、その瞬間に準備しておいたトイレに向かって誘導します。うまくトイレで用を足せれば、「ヨシヨシ!偉い偉い!これからは、ここがおまえのトイレなんだよ」と優しくおおげさにほめてあげます。そしてご褒美に、好物の猫缶でも与えてあげればきっと猫は喜んでくれます。

「ここで用を足せば褒めてもらえたし、良いことがあった!」と猫の記憶に残れば次からもトイレでしてくれるようになります。猫の感情に訴えるわけですね。これでまず覚えてくれます。

また先住猫がいる場合は、先住猫がトイレを使う姿をあらかじめ見せておくのも良い方法です。猫には他の猫の行動を真似して自分のものとする模倣能力があるからです。

トイレを置く場所

トイレのしつけも大切ですが、置く場所も大切です。部屋の隅や柱や家具の陰など、猫が安心して落ち着ける場所に置いてください。

人間だって個室で大の方をしている時に、扉の外がガタガタうるさかったらイヤですよね。猫だって人間と同じことです。

猫はトイレを使うときは、神妙な顔をして用を足します。この時に、大きな音をたてたり、いきなり近寄ったり、呼びかけたりして猫をびっくりさせてはいけません。

トイレに入っている時に驚かされると、それがトラウマになってしまい猫は安心してトイレが使えなくなってしまいます。その結果、他のところでの粗相の原因になることがあります。

また猫はものすごくきれい好きな動物です。トイレをいつもきれいに清潔に保ってあげるのは飼い主の当然の務めです。

参考>>1,000円で試せる!猫に安心で、尚且つ効果が高い消臭剤


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする