すぐに分かる!キャットフードの粗悪品の見分け方

スーパーやホームセンターで売られているあまりにも「激安」なキャットフードは「粗悪品」の可能性があります。与え続けると、猫の健康に害を及ぼす危険があります。

このページでは、原料となっている「肉」の観点から、粗悪なキャットフードの見分け方を解説します。

スポンサーリンク

ショッキングなニュース

338

ある市において、路上などで車にひかれて亡くなった犬や猫の亡骸の処理を、一般廃棄物処理の認可のない肉骨粉加工業者に委託していたというショッキングなニュースがありました。

「ペットフードの原材料には、いったいどんな肉が使われているのだろう?」と私たち飼い主を不安な気持ちにさせるニュースでした。

スーパーやホームセンターで売られているあまりにも「激安」なキャットフードは、いったいどうやって「利益」を出しているのでしょうか?

4Dミート

「4Dミート」とはアメリカにおける肉の基準としてのランクの名称です。

一番品質の高い物は霜降り・テンダーカットなどの1ランク、Prime。だんだんとランクは下がり、7ランク以下だと人間が食べることができなくなります。

8ランクは3Dミートと呼ばれ、「Dead:亡骸」「Diseased:病気」「Dying:亡くなる寸前」の肉のことを指します。そして9ランクが4Dミートと呼ばれ、3Dミートに「Disabled:障害のある」が加わり、更にランクの下がった最低品質の肉となります。

4Dミートは人間が食べることができない訳ですから、業者としてはなんとか処分したいのですが、その処分にさえお金がかかってしまう訳です。

「なんとか使い道を」と考えたときに、4Dミートはペットフードへの使用に向けられたのです。

粗悪なキャットフードの見分け方

粗悪なキャットフードを見分けるには、パッケージの原材料の成分表をよく見ることが大切です。例として、ある激安キャットフードの成分表を見てみましょう。

素材はご覧の通りです。

  • 穀類(米、コーングルテンミール、とうもろこし、小麦、シリアルブラン等)
  • 肉類(家禽ミール、ミートミール、ラムミール等)
  • 豆類(大豆ミール)
  • 動物性油脂
  • 魚介類(しらす、まぐろミール、かつおミール、えびミール、かにミール、フィッシュミール)
  • たんぱく加水分解物
  • 卵類(卵)
  • いも類(ポテト)
  • 乳類(チーズパウダー、ミルクパウダー)
  • 野菜類(野菜ミール)
  • ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、コバルト)
  • ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)
  • アミノ酸類(タウリン)
  • 色料(食用赤色2号、食用赤色102号、食用青色1号、食用黄色4号、食用黄色5号)

「ミートミール」という表示は4Dミートのことです。

キャットフードの成分表に「ミートミール」という表示があれば、それは4Dミートのことです。他にも「肉の副産物」「家禽副産物粉」といった表示も同様です。

キャットフードの原料に4Dミートが使われているということは、亡くなった動物の肉や骨や内臓、糞尿、鶏の羽やクチバシなどが含まれている可能性があるということです。

記載の順番

成分表は使用料が多い順に記載しなければならないというルールがあります。今回の例では「穀類」が一番最初に記載されています。

完全肉食動物の猫の消化器官は、穀物の消化吸収に適していません。穀物を食べても栄養になりにくいばかりか、負担になってしまいます。

にもかかわらず、穀物が一番多く使われている理由はズバリ「コストの削減」です。お腹が膨れるとか、かさましができるとか、原材料を安く済ませるとかいった理由だということですね。

また、成分表を見ると、さまざまな保存料、着色料が使われていることも分かります。

粗悪なキャットフードを与え続けると危険

粗悪なキャットフードを与え続けた場合、悪い成分が猫の体に次のような害を及ぼす危険があります。

  • 栄養失調でやせ細ってしまう
  • 毛並みが悪く、つやが無くなる
  • 腎臓病などの病気にかかりやすくなる
  • アレルギー体質になる
  • 口臭、便臭が強烈になる

「選択肢」は私たち飼い主が持っている

このように書いてくると、まるで粗悪なキャットフードを作る製造者側にのみ、非があるように思ってしまいますが、果てしてそうでしょうか?購入者である、私たち飼い主の責任はどうでしょうか?

どんなにペットフードの危険性がテレビや新聞で取り上げられても、一番売れているのは「激安」なペットフードだという現実があります。

業者側も、何とかその需要に応えるために、4Dミートのような品質の低い肉を、猫の健康に及ぼす影響を最小限にとどめて使う工夫をしているという面もあるでしょう。そうしないと生き残っていけないから。

私は「お金に糸目をつけずに最高品質のキャットフードを猫に飼い与えるべきだ」などとは思っていません。飼い主にも生活があります。猫のために湯水のようにお金が使えるわけではありません。もちろん私もそうです。

ただ、できる範囲で猫の健康に少しでも良いものを、という意識は持つべきだと思います。

例えば、一杯380円の牛丼が一杯100円に値下げされたら、さすがに怪しくて買いませんよね。これだけ安いからには絶対何かある、と思ってしまいますよね。

あまりにも高いものは無理だけど最低限このラインを下回ったら危ないという意識。それは私たち人間が口にするものでも、猫に与えるものでも同じですよね。

せめて「ミートミール」と表示されているフードは猫のために避けてあげたい、という意識は必要だと思う訳です。

【参考記事】当事者になったつもりで、読んでみてください。
>>「ペットの治療費ってこんなに高額なの?10万、20万は当たり前。」
>>「猫の医療費に備える!ペット保険加入のメリット・デメリット」


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする