猫の里親を探すということ、猫の里親になるということ。

里親とはもともと「他人の子を預かり親に代わって養育する人」という意味があります。

スポンサーリンク

猫の里親探しについて

26

もしあなたが赤ちゃん猫の里親を探す場合は細心の注意が必要です。猫の幸せは飼い主にかかっているからです。 次のようなことをよく確認する必要があります。

  • その人の自宅がペット可の場所か?
  • 家族の同意が得られているか?
  • 最後まで本当に面倒を見てくれる人か?
  • 先住猫がいる場合はその子と上手くいくか?

 そして何よりも猫を飼うということは餌代や医療費などすごく費用がかかります。くれぐれも猫好きで信頼のおける人を見つけてあげましょう。

里親を探す方法はいろいろあります。一番良いのはあなたの知人を当たること。あなたの信頼できる知人の中に猫好きで飼ってくれる人がいれば、それに越したことはないでしょう。 知人にそういう人がいない場合は、動物病院にポスターを貼らしてもらったり、ネットの里親募集の掲示板を利用するのも1つの方法でしょう。

いずれにしても里親になる人とは、あなた自身が直接会って、本当に信頼できる人かどうか判断すべきです。

猫の幸せを一番に考えてあげる

世の中、善人ばかりではありません。転売目的の人もいるかもしれません。もっと言ってしまうと虐待目的の人だっていないとは限りません。

猫を引き渡す際は、あなた自身が相手の家に届けに行った方が良いと思います。万一、「これはダメだ」と思ったなら迷わず猫を連れて帰ってきて違う人を探してあげましょう。

繰り返しになりますが、猫の幸せは飼い主にかかっています。それはあなたが里親になる場合でも同じことです。安易に考えるのなら最初から飼わない方が良いのです。最後まで面倒を見ることができないのなら、最初から飼うべきではないのです。

猫を飼うということの責任をしっかり考えましょう。あなたも、そして、私も。もう一度、猫を飼うということの責任を、しっかり考えましょう。


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする