効果的♪しかもタダ♪上手なおしっこの臭いの消臭方法

猫がトイレ以外の場所におしっこをしてしまう、いわゆる「そそう」。老猫に多く見られ、また泌尿器に疾患を患っている猫もそそうをする場合があります。

原因は高齢や病気だけではありません。ストレスや気まぐれなどが原因で、元気な成猫がそそうをしてしまうこともあります。去勢していないオスはスプレー行動をすることもあります。

一番よくないのは、頭ごなしにキツク叱ることです。キツク叱ってしまうと、猫はおしっこをしたことを叱られたのかと思ってしまい、我慢するようになってしまいます。

そそうの問題も改善しないでしょうし、膀胱炎など深刻な病気に繋がることも考えられます。どんな場合でも言えることですが、猫に腹を立てて感情をぶつけるようなことをしては絶対にいけません。

このページでは猫のおしっこの臭いの上手な消臭方法をご紹介します。

スポンサーリンク

上手なおしっこの臭いの消臭方法

282

猫は人間や犬ほど、たびたび排尿しません。回数が少ない分、尿が濃縮され強烈なにおいを発します。

多くの方は、布団などにおしっこをかけられた場合、洗剤を含ませた雑巾で拭き取って消臭剤を散布したりすると思います。しかし、この方法ではしみ込んだ臭いまではなかなか消えません。

実はすごく簡単なおしっこの臭いの消臭方法があります。尿を拭きとったあと、沸騰したお湯をかける方法です。ぬるま湯ではダメです。グツグツと沸騰したお湯をかけるのです。ただし、くれぐれもやけどに注意なさってください。

おしっこの中の臭いの強い成分は、熱湯をかけるとほとんど分解してしまいます。温度が少し下がったら、早めにぞうきんなどで残った水分を拭き取ります。それでも臭いがのこるようなら洗剤で拭きます。あとは乾燥させれば、たいがいのおしっこの臭いは消えているはずです。

そもそもトイレを1つに決めるのが猫にとって不自然

繰り返しになりますが、愛猫がそそうをしたからといって、キツク叱らないであげてくださいね。

例えば野良猫は、トイレを1箇所に決めているでしょうか?そんなことはありませんよね。広い行動範囲の中でいくつもの用を足す場所を持っているはずです。

完全室内飼いだからといって、トイレを1つに決めるのは、実は猫にとって不自然なことなのかもしれません。ましてや多頭飼いで、1つのトイレを共用で使っている状況は、猫にとってさらに不自然なことなのでしょう。

参考>>病気に備えて猫保険


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする