長生きの秘訣~安らかな心が免疫力アップにつながる~

猫は人間よりもずっと速く年を取っていきます。7才で、すでに人間でいえば50歳にさしかかる頃。外見はそんなに変わらなくても、少しずつ衰えが始まります。

猫にいつまでも元気で長生きしてもらいたい。私たち飼い主の願いです。

長生きの秘訣を考えてみましょう。

スポンサーリンク

「大切だ」と猫に伝える

kuri

近年、猫の平均寿命は急激に伸びています。家猫の平均寿命は15才。20年以上生きる猫も珍しくありません。

かつては5才ほどで亡くなることも珍しくなく、本来の臓器の耐用年数は5~6年とも言われています。それがここまで平均寿命が延びてきた背景には、食生活や生活環境の向上があります。(飼い猫の場合ですが)

もちろん、飼い主の意識の向上も大きいですね。「猫も元気が無くなったら、動物病院に連れて行こう」そう考える飼い主が増えてきたということです。

食生活、生活環境、医療、もちろんどれも大切なことです。しかし、一番大切なことは、それらのことを通じて、猫自身が「自分は、飼い主さんから大切にされているんだ」と感じることではないでしょうか?

うちの猫の場合

猫にも心や感情があります。それはもう絶対です。毎日、「おはよう!」とか「元気か?」とか声を掛けてあげたり、頭を撫でてあげたり。そういったことは、確実に猫に伝わっています。

私の家に栗(クリ)という8才になるメス猫がいるのですが、この子が私の高齢の母親に物凄くなついています。母親に撫でてもらったり、横になっている母親の体の上で寝ているときなど、それはそれは本当に幸せそうな顔をしています。

お互いがお互いに「癒し」を与えあっている感じです。

心の安定が免疫力アップにつながる

ある獣医さんが、次のようなことをブログで書いていらっしゃいました。

『長生きしている犬や猫には共通点がある。それは相性の合う飼い主と出会い、その飼い主からベタベタに可愛がってもらっているということ。

ベタベタに可愛がってもらっていれば、みんな長生きできるというわけではない。しかし長生きしている犬や猫は、例外なくベタベタに可愛がってもらっている。

どんなに良質なフードを食べても、どんなに快適な家に住んでも、飼い主との濃厚なふれあいがなければ、長寿犬や長寿猫にはなれない。』

長生きの秘訣を凝縮したような言葉だと思った次第です。

「大切に思っているよ。」とか「長生きしてね。」とか。そういう気持ちを事あるごとに、言葉やスキンシップで伝えてあげる。そうすることで、猫の心が安らかになれば、免疫力もアップして体の健康につながっていくものだと思います。


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする