猫のダイエット。この方法なら素人の私でもできそう!

「うちの子、近頃太り気味かしら?」
猫の太り方の特徴は、顔や頭は小さいままでお腹に脂肪がついて腰のまわりが丸くなること。

猫の体をさわったときに、背骨やろっ骨にふれることができないほど脂肪で覆われているなら、即対策が必要です。まずキャットフードを低カロリーの肥満猫用ライトキャットフードにすることからはじめます。

ただし急激なダイエット方法はかえって愛猫の健康を損ねる危険があります。やはり獣医師の指導が不可欠です。

スポンサーリンク

「グラム数」で猫の食餌を把握する

275

猫が肥満かどうかを知るためにも、またダイエットの成果をきちんと把握するためにも、猫の体重をこまめに測ってあげるのは大切なことです。

参考>>猫の体重の上手な測り方

猫の適性体重は雄、雌ともに3.2~4.5kgと少し幅があります。メインクーンのように例外的に体格の大きい猫種もいますが、一般的な家猫の適正体重はほとんどがこの範囲に入ります。通常、体重が6.4kgを超えたら肥満だと言われています。

しかしこれはあくまでも目安です。一番良い方法は、動物病院でかかりつけの獣医さんに、どのくらいがあなたの猫にとってちょうどいい体重なのかの範囲を確認することです。

おすすめの肥満猫用のライトキャットフードも紹介してくれるはずです。サイエンスダイエットやアイムス、アボキャット・ライトといったフードが候補にあがると思います。

肥満対策でいちばん重要なのは、食事のカロリーコントロールです。ただ、自分で「カロリー計算」をするとなると、専門知識も必要になり難しいですよね。

獣医さんに「1日にコレを何グラム、コレを何グラム」というふうに「グラム数」で指示してもらい、その量をまずは忠実に守ることから始めるのが良いですね。

「満腹感」を認識させる工夫をする

ダイエット食だけでは、猫は「もっとくれ!もっとくれ!」とストレスをためてしまうかもしれません。低カロリーの食餌に慣れてもらうためになるべく時間がかかるように、ゆっくりと餌を食べさせてあげて「満腹感」を認識させる工夫が大切です。

ぬるま湯で倍に増量して誤魔化すのは良い方法です。また、細かく刻んだ生野菜(繊維質)を加えて増量する方法もおすすめです。

ダイエットには運動も必要です。猫にとっては「上下運動」が特に大切です。椅子などで段差をつくってあげて、棚の上に登れるようにするなど自由に上下運動できるスペースも工夫してあげてください。

肥満は万病の元。かといって過激なダイエットは猫にとって危険です。獣医師の指導のもとで無理のない方法でダイエットプランを立ててあげてください。

参考>>病気に備えて猫保険


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする