キャットフードの選び方

58

キャットフードの選び方や、選ぶ際に気を付けるべき大切なポイントをお伝えします。また、キャットフードのラベルに記述されている分かりにくい文言を調べて分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

キャットフードの種類(目的別)

キャットフードを選ぶときに一番大切な事は、目的に合った種類のフードを選んで猫に与えてあげることです。  

キャットフードには、用途別に大きく分けて3種類あります。

  • 総合栄養食
  • スナック(間食)
  • その他の目的

猫の食事は、基本の主食として「総合栄養食」を与えてあげることが大切です。「スナック(間食)」はあくまでも「おやつ」「ご褒美」として与えてあげます。

また、キャットフードを購入する際には、表示ラベルをよく確認することが大切です。キャットフードのパッケージやラベルには、「ペットフード公正取引協議会」が定めたフード情報が記載されています。

それでは目的別のキャットフードの種類を1つずつ詳しく見ていきましょう。

参考→猫に与えてはいけない食べ物 

総合栄養食とは?

総合栄養食は1日の食事として、そのフードと水を猫に与えれば健康が保つことができるように、必要な栄養素がバランス良く調整して配合されています。したがって毎日の基本となる主食には、猫の年齢に適した総合栄養食を選んであげましょう。

また総合栄養食の中には、例えば次の対策をうたったものもあります。

  • 毛玉対策
  • 肥満対策
  • 歯垢・歯石対策

対策をうたったフードは、長期間食べることでその効果が発揮されます。一度決めたら、しばらくは同じフードを与え続けるようにしましょう。

スナック(間食)

スナックとはいわゆるおやつ(間食)のことです。それだけで猫のエネルギーや栄養素を完全に補うことはできません。

間食用のフードは、ニボシやジャーキーといった1種類の素材であることが多いです。嗜好性が高いので、与えるときっと猫も喜ぶでしょう。

しかし猫が欲しがるままに与えていては栄養が偏ってしまい、肥満や体調不良を招きかねません。食事の基本はあくまでも総合栄養食と決めて、間食用のフードはあくまでも「おやつ」「ご褒美」として少量ずつ与えるようにしましょう。

その他の目的

その他の目的とは、特定の栄養を調整する、カロリーを補給する、あるいは嗜好増進などを目的としたペットフードです。「総合栄養食」ではないために、これを補うために与えなければならない食事の内容や量などを明記しなくてはなりません。

一般食、栄養補完食、カロリー補完食、副食、特別療法食のいずれかの表記となります。

一般食というと普通の食事、バランスがとれた食事をイメージしますが、そうではありません。人間でいう「おかず」のようなものですので、一般食だけを食べていると栄養が偏ってしまいます。

また特別療法食は、いわゆる食事療法を目的としたフードです。動物病院や動物病院が併設しているペットショップなどで購入が可能です。

療法食は間違ったものを与えてしまうとかえって体調を崩してしまいますので、自己判断で与えるのは大変危険です。食事療法を考えているのなら、かかりつけの獣医さんに相談して支持を仰ぎましょう。

ドライタイプとウェットタイプ

市販のキャットフードにはドライタイプとウェットタイプがあります。

ドライタイプとは水分含有量10%以下のキャットフードのことです。高タンパクの肉や脂肪に穀類や灰分を配合して、乾燥させたタイプです。栄養分が高い濃度で集約されていて、バランス良く調整されています。

繊維質が多く含まれているため、猫の消化活動を助けてくれます。またカリカリとした適度な硬さが歯石予防の効果になります。

ドライタイプのフードに含まれる水分量は非常に少ないので、与える場合は一緒に水もたっぷり飲ませるようにしましょう。

ウェットタイプとは水分含有量75%以上のキャットフードです。ウェットタイプは主に「ネコ缶」と呼ばれる缶詰やレトルトパックの状態で販売されています。

カツオやマグロなどの魚や肉の素材をそのまま生かし、それらにカルシウムやビタミンなどの栄養素が加えられ猫用に仕上がっています。含まれる水分量が高く、消化しやすい肉のタンパク質を多く含んでいます。

においが強く肉の食感が残っているため、猫の満足度も高くなるでしょう。ただし価格がやや割高なことと、食べかすが残りやすいため歯石や口臭の原因になりやすいのが難点です。

残した場合はラップして冷凍保存が必要になります。ただし再度与えるとき、冷たいものを与えても猫は食べません。

なぜなら猫は食べ物の匂いを味わう生き物だからです。冷たいと匂いがしないので、おいしいと感じないのです。適度に温めてあげましょう。

原材料

原材料は大切な表示項目ですよね。使用量の多い順番に記載するように取り決めがなされています。初めに穀類が書いてあるものよりも、肉類、魚類が書いてあるものの方が品質が良いものと言えます。

私の家で猫に与えているキャットフードを例に見てみましょう。いろいろな種類があるのですが、例えば「モンプチ」ビーフのテリーヌ仕立てというネコ缶。

ウェットタイプの総合栄養食(成猫用)です。「モンプチ」はテレビのCMでも「高級感」を前面に押し出していて、あなたもきっとご存知だと思います。

原材料を見てみますと

  • 肉類(ポーク、ビーフ)
  • 魚介類(サーディン、白身魚(たら等))
  • ミネラル類
  • ビタミン類
  • アミノ酸類
  • 増粘多糖類
  • 発色剤(亜硝酸ナトリウム)
  • 着色料(食用赤色40号、食用赤色3号、酸化チタン)

となっています。

肉類、魚介類が最初に表示されていますので、品質は良いようです。テレビCMでも、あれだけ「高級感」を演出していますし。

ただ、きっとあなたもそう思われたと思うのですが、食品添加物が気になりますよね。そこでキャットフードに含まれる食品添加物について調べてみました。

 → キャットフードの安全性 是非、ご覧ください。

保証成分値

キャットフードには「保証成分値」という表示項目があります。例えば、先程の「モンプチ」では次のように表示されています。

  • 粗タンパク質12%以上
  • 粗脂肪2%以上
  • 粗繊維1%以下
  • 粗灰分4%以下
  • 水分80%以下

「粗タンパク質12%以上」というのは、「タンパク質は最低12%は入っています」という意味です。「粗」は「そ」と読みます。「ほぼ」という意味です。

これは目的の成分だけを測定することが難しいため、「少し他のものも混ざって計算している」という意味です。「粗」というのは栄養学的には重要な概念ですが、一般的に成分表を見る場合はあまり気にせず、そのまま例えば「粗タンパク質=タンパク質」と考えて良いでしょう。

また灰分とはナトリウムやカルシウムなどのミネラルの総量を示しています。

その他の表示項目

上記以外にも年齢や給与方法、内容量、賞味期限などの項目が表示されています。

年齢

大きく分けて3種類あります。

  • 子猫用(1才まで)
  • 成猫用(1才~7才未満)
  • 高齢猫用(7才~)

年齢により必要な栄養も異なります。猫にあったものを選んであげましょう。

給与方法

猫の体重などを参考に、一食で与える量などを表示しています。

ちなみに「モンプチ」では、「成猫体重1kg当たり約0.8缶を見安に1日2回に分けて与えてください」とあります。難しい書き方ですが、参考にはなりそうですね。(笑)

内容量

ウェットタイプなら1日、ドライタイプなら1ヶ月程度で食べきれる量を選んであげましょう。

ただ、「1ヶ月程度で食べきれる量」と一口に言っても結構難しいですよね。その辺りを詳しく書いたページを用意しました。是非ご覧ください。

賞味期限

当たり前のことですが、賞味期限内であってもより新鮮なものを選んであげましょう。たまに賞味期限切れのものが売られている場合もあるので、注意して購入しましょう。

猫の食べ物に注意しても病気にかかるもの。
万一に役立つ保険も参考に:年を取ってからも入れる保険


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする