青菜に塩

【ことわざ】
青菜に塩

【意味】
ものごとがうまくいかず、元気が無くなり、しょんぼりしている様子。

【語源・由来】
生き生きとした青菜に塩をふりかけると、しおれてしまうことから生まれた言葉

【類義語】
蛞蝓(なめくじ)に塩
青菜を湯につけたよう
菜の花に塩をかけたよう

【補足説明】
「青菜に塩」のことわざは、もともと不調な人には使いません。
例えば、病気で体を壊している人に対して「青菜に塩だ」とはなりません。
元気だった青菜が塩で水分を吸収されてしおれてしまうように、
元気だった人がショックを受けて元気じゃなくなってしまう場合に使います。

【引用元】
ことわざ・慣用句の百科事典(https://proverb-encyclopedia.com/salt-in-green-vegetables/)

覗いてるニャ

僕、目つき悪いかニャ?

ま、まぶしいニャ。


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする