青は藍よりいでて藍より青し

【ことわざ】
青は藍よりいでて藍より青し

【意味】
教えを受けた弟子が、その先生よりすぐれた人になることのたとえ。

【語源・由来】
青色の染料は藍という草からとるが、
その青さは藍よりもずっと濃く、鮮やかであるということから。

【類義語】
出藍(しゅつらん)のほまれ
氷は水よりいでて水より寒し

【補足説明】
荀子(じゅんし)の言葉で、学問や努力により持って生まれた資質を超えることができるということ。

※荀子:中国の戦国時代末の思想家・儒学者

【引用元】
ことわざ・慣用句の百科事典(https://proverb-encyclopedia.com/scholar/)

僕も頑張って努力して・・・

もっともっと優れた猫になりたいニャ。。。


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする