穴があったら入りたい

【ことわざ】
穴があったら入りたい

【意味】
非常に恥ずかしく、身を隠したい様のこと。

【語源・由来】
中国の前漢時代の政治思想家および文章家でもある、賈誼(かぎ)の『新書』からきている。
そこでは、季孫(きそん)という領主が己の考えの浅はかさに恥じて
「穴があったら入りたい」と言ったと記述されている。

【類義語】
・身の置き所がない

【例文】
1.友人の結婚式で余興を頼まれたが、見事に滑ってしまい穴があったら入りたい気分だった。

2.好きな人の前で知ったかぶりをしてしまい、質問されても答えることができなかった。穴があったら入りたい。

3.若い頃の自分を振り返ると、穴があったら入りたい出来事をたくさん思い出してしまった。

4.幼少の頃から神童だともてはやされ、いざ町を出たら、いかに自分が井の中の蛙だったかを知り穴があったら入りたい気分になった。

【引用元】
ことわざ・慣用句の百科事典(https://proverb-encyclopedia.com/anagaatara/)

この種の「潜る系」の話題のときは、いつも栗ちゃんが登場します(^^)
栗ちゃんは「潜る」ことが大好きなんです。

もちろん恥ずかしいからではなく、
潜ると精神的に落ち着くのでしょう。。

写真は太郎と栗ちゃんです。
なんだかんだと仲が良い2人です(^.^)


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク