悪事千里を行く

【ことわざ】
 悪事千里を行く

【意味】
 悪いことをすると、その噂はたちまち遠くにいる人まで知れ渡ってしまう。
すぐに世間に広まるという意味。

【語源・由来】
千里は約4,000キロメートル。
千里が非常に遠いということが語源。

【類義語】
悪事千里を走る
人の噂は倍になる
悪い噂は翼を持つ
人の口に戸は立てられぬ
好事門を出でず悪事千里を行く
隠す事千里

【引用元】
ことわざ・慣用句の百科事典(https://proverb-encyclopedia.com/bad-news/)

猫が悪いことをするといっても
ほんの些細なこと。

本人に悪いことをしたという意識もないし
本当に罪がない生き物(^.^)


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする