秋の日は釣瓶落とし

【ことわざ】
秋の日は釣瓶落とし

【意味】
秋の日暮れはとても早いというたとえ。

【語源・由来】
「つるべ」とは、綱に結び付けて井戸の水を汲み上げる桶のこと。
桶を井戸の中に落とすと、すばやく落ちることが由来。

※間違った使い方
「秋の日は釣瓶落としで、あっという間に冬がくる。」
このように「日にち」として使うのは間違いです。

「秋の日は釣瓶落とし、あっという間に日が暮れますね。」
というように、1日のうちの時間の変化として使うのが
正しい使い方です。

【引用元】
ことわざ・慣用句の百科事典(https://proverb-encyclopedia.com/autumn/)

今は秋をとっくに通り越して冬本番の年末。

今年の冬はいつにもまして寒いですね。。

みんな元気に変わりなく、年を越せそうなのが嬉しいな(^.^)


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする