赤子の手をひねる

【ことわざ】
赤子の手をひねる

【意味】
実力がちがいすぎるので、簡単に相手を負かすことができてしまう。

【語源・由来】
「赤子」はあかんぼうの意味で、力のない者のたとえ。
赤ちゃんの手をひねるくらい簡単にできるということで、
力の差が非常に大きい場合に用いられる。

【類義語】
赤子の腕をねじる
大黒柱と腕押し

【引用元】
ことわざ・慣用句の百科事典(https://proverb-encyclopedia.com/baby/)

気が弱い太郎がお気に入りの場所で寝ていたら・・・

どこからともなく栗ちゃんがやってきて

あっという間に太郎を叩き落して
場所を奪ってしまいました。

赤子の手をひねるような感じ。。。かな(^.^)


262 多くの方に選ばれている代表的なペット保険7社の資料を、無料で一括請求して比較検討することができます。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


大切な愛猫のために、私はペッツベストに加入しました。

たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。

我が家の猫ちゃんが加入した猫保険

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク